• 150+ 社員
  • 22 グループ子会社
  • 18 プロジェクト対象国

平田について

董事長兼総経理 張海龍

副総経理 Yasuo_Morise

平田機械自動化装置(上海)株式会社は、2006年10月に日本が完全所有で設立されました。上海平田機械工学株式会社(1999年10月に設立)の新会社です。 平田機工は、世界8カ国にある日本平田の12の支店の1つである日本平田機工株式会社に所属しています。 日本の本社と主要な支店の強力な協力とサポートにより、上海平田は中国の国内生産設備の分野で強力な競争相手に急速に成長しました!Hirata 上海は、8年以上の懸命な努力と苦労の末、急速に事業を拡大しました。2008年、当社は奉賢開発区に新工場を建設しました。 事業拡大に伴い、以下の人材を採用する必要がありますので、志望者の皆様も当社に加わり、新平田機械自動化装置(上海)株式会社と共同で発展していただきたいと思います。

 

HIRATA中国の経営理念

中国の国家IC産業発展ガイドライン「中国製造2025」十三五発展計画に掲げられ目標に向けて市場環境は生産設備の自動化、省人化ニーズが高く、自動車ビジネスでは既存パワートレン技術から電動化技術への変革が顕著であり、半導体ビジネスは投資が活発化し、このような環境の元は「HAS事業部に組織の再編、経営体質の徹底的な改善」を取り組み、体質転換による利益重視の経営を重点方針として、製造設備の引合継続、HIRATA日本の技術力を掛け算して顧客維持、同時に新規半導体ビジネス確保を進めて行く、研究開発につきて、毎年「必ず三つ・テーマ」を決め、HAS技術イノベーション能力向上、HAS製造組立の基礎能力の強化、品質管理及びHIRATAプランド力の強化、又、開発から生産までの全工程で生産性を高め、利益率の改善を目指して行く。社員一同、熱意、気概、執念でHAS継続成長して行きます。

 


ビジネス哲学

  • 人々は最善を尽くします

    彼らの個性を最大限に発揮し、全体的な成功を追求する

  • 技術革新に努める

    社会の新たなニーズに応えるため、日々技術革新に努めます

  • 人類を尊重する

    人類を尊重する精神を持ち、人類に有益なシステムを構築する

  • 創造的な生活を育む

    創造を通して、自分の個性と能力を向上させ、自分の人生を切り開く

  • 社会に貢献する

    事業機能を通じて社会に貢献し、社会的評価の向上に努めます。

  • 顧客第一

    お客様の利益を優先し、お客様の期待に応えます